経理・労務のお悩み無料相談受付中!

初回無料相談

0120-502-120

受付時間9:00~18:00(平日)

法人税申告をしていない場合

法人税申告をしていない場合

法人税の申告書を提出しない場合、
次の様なペナルティが課される場合があります

1)提出期限に1日でも遅れると無申告加算税が課される

法人税、消費税、住民税・事業税の申告書は1日でも提出が遅れると
原則として無申告加算税の対象となってしまいます。

無申告加算税は、その状況により幅がありますが、
本来納める税額の5~20%分の加算税の納付義務を受けることになります。

2)青色申告の承認が取り消される

2期連続して、法人税の申告書を期限内に提出しなかった場合、
青色申告の承認が取り消されます

これは、決算書申告を提出しなかったペナルティとしては無申告加算税よりも重い制裁といえます

青色申告の取消のデメリット

黒字と赤字の相殺ができなくなる(利益が出た場合の税額負担が重たくなる)

・10万円以上30万円未満の備品を経費で購入した場合の一括費用処理ができない(備品購入した場合の税負担が重くなる

赤字だったら申告書は出さなくても平気なのか?

「どうせ赤字だから申告しなくていいや」
という考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです

確かに、当期の税額は申告書を提出してもしなくても大きく変わらないかもしれません。
しかし、当期申告書を出さなかったおかげで、来期以降の税金が大きく増えてしまう可能性があるのです

赤字の繰越とは?

設立1期目が500万円の赤字、2期目も200万円の赤字だったので、申告せずに来ていたが、
3期目になりようやく300万円の黒字を出すことができた。

このような場合、1期目・2期目に法人税の申告書を提出していれば、3期目の納税額も0円で済ませることが可能になります

しかし、1期目・2期目に申告書を出していないと、3期目の税金はそのまま支払わなくてはならなくなるのです

決算書作成代行サービスに関する詳しい情報はこちら

経理のお悩み無料相談受付中!お気軽にお電話ください 無料相談の詳細はコチラ

0120-502-120

受付時間9:00~18:00(平日)

経理・労務の効率化、時間的&人的コストカットをお考えの方へ
クラウド型経理・労務代行で実現しませんか?
ITを活用した経理・労務の効率化サポートの詳細はこちら
 

中小企業のバックオフィスを徹底改善

経理のサポートに特化している
当事務所の実績をご覧ください!

地域の皆様のおかげさまで…

温かいお言葉をいただいております!
創業期、事業が軌道に乗ってきた時こそ、本業に専念したいとお考えだと思います。
「本業に専念したい経営者を支えたい…!」
そうした思いでサポートしてきた結果、多くのお客様より温かいお言葉を頂戴いたしました。

  • お客様の声
  • 経理代行 導入実績
  • 相談実績
経理サポートメニュー support menu

経理・税務の専門家がわかりやすくお伝えします!
経理・税務のお役立ち情報を発信

日々、多くの会社様より経理・労務を中心としたバックオフィス業務のご相談をいただいております。
こうした経験をもとに、バックオフィス業務の改善に役立てていける ような情報を発信してまいります!

過去のコラム一覧

弊社について
マクシブ総合会計事務所
所在地
〒105-0003
東京都港区西新橋3-23-5 御成門郵船ビル7階
アクセス
都営三田線「御成門」駅より徒歩1分
代表
金子 太妥志
代表所属
日本公認会計士協会(登録番号:14762)
東京税理士会(登録番号:112259)
詳細はこちら

 

 

PAGETOP